視力回復の正しい知識

視力を悪くしない為には、正しい知識を持つことが大切です。
ここでは、知って起きたい視力回復の為の正しい知識についてお伝えしています。

視力回復の正しい知識記事一覧

近視は、早期に見つければ視力回復は比較的難しいことではないと聞きますね。目は、毛様体筋がレンズである水晶体の厚さを調節し、スクリーンである網膜にピントを合わすことで見えるようになります。そして、この水晶体の調節を使わないで遠くが見えるのは「正視」と言い、遠くは見えにくいが近くは見えるのが「近視」です。本当の近視になる前の仮性近視の状態の時に適切な処置をすれば、視力の回復は難しいことではありません。...

子供の視力低下は遺伝が関係しているのでしょうか?目が悪く近視なのは、遺伝であると考えておられる親御さんも多いと思います。近視は確かに遺伝の要因の一つですが、実は全体の5パーセント程度しか遺伝は関係しておらず、パソコンやテレビゲームなど間違った目の使い方が視力低下を招いているのです。親が近視だからと言って、子供が視力が悪くなるとは限りません。遺伝より、むしろ環境などの後天的要因が大きいのです。もし、...

子供は小学校3年生くらいを境にして近視(軸性近視)の率が高くなると聞きますね。これは、眼球の大きさがちょうどそのころに大人と同じくらいになるからと言われています。通常、子供は遠視傾向にあり大人に比べ眼球が短いのですが、眼球が大きくなり成長することで眼球の長さが伸びます。そして、軸性近視は、正常より眼球が長い為に、角膜から網膜までの距離が長いことで起こる近視です。眼軸が伸びるほど後ろに網膜がずれ、網...

視力低下の原因として良く言われるのは、近くの物を凝視したり、細かい作業を長時間することで毛様体筋が緊張することで近視になると言われていますね。ですが、視力と勉強のしすぎ(量)は関係ありません。問題なのは、勉強をする環境と仕方です。確かに、細かい字を書いたり読んだりすることは目に負担をかけますが、それは勉強の仕方に問題があります。照明が暗かったり、近づけすぎて本を読んだり正しい姿勢で勉強をしていない...

お子さんの学校での視力検査の結果が気になりませんか?引っかからないよう少しでも視力を上げたいという親御さんも多いと思います。それとも、既に引っかかったが即メガネにはしたくないので、視力回復センターに通わせようか迷っている方も多いのではないでしょうか?ですが、小学校の視力検査は正直曖昧なところが有り、正確な視力検査は眼科で行った方が良いです。実際に、小学校の視力検査と眼科では、結果が違うことがよくあ...

子供の視力が右と左の目では違いがありませんか?右の視力が1.2で左が0.3と言うように視力が左右アンバランスで屈折に違いがある状態は、不同視と言われ子供に増えてきています。そもそも物の立体感や奥行きなど、見ている物と自分との距離感が正しく掴めるのは両方の眼がバランスよく働いているからなんですね。そして、左右の眼からそれぞれ入ってきた情報は、脳が一つの像として結び付けえ認識します。ですが、これは両眼...

野球やサッカーなどのスポーツの選手は視力が良いと言うのをご存じですか?実際に屋外競技の選手の視力がいいというデーターがあります。一般にものを見る時の距離と目にかかる負担は大きく関係しており、近くのものを見続けると、水晶体を調節してピントを合わせる筋肉である毛様体筋が緊張します。すると水晶体が厚く膨らみ、絶えずピントを絞り続ける状態になり目に負担をかけます。逆に遠くを見るときは緩んで水晶体は薄くなり...

聞きなれない近見視力という言葉をご存じですか?近見視力とは、文字からも分かるのですが、近くをみる視力です。また、これとは逆の遠見視力があり、これは遠くを見る視力のことです。子供の場合では、学校での黒板を見て文字を認識するのが遠見視力になり、教科書やノート、パソコンの文字を判別して認識するのが近見視力になります。また、良く誤解されているのは子供の視力で、遠くが見えれば近くも見えると思われがちだという...