スポーツ選手は視力が良い!?

野球やサッカーなどのスポーツの選手は視力が良いと言うのをご存じですか?
実際に屋外競技の選手の視力がいいというデーターがあります。

 

 

一般にものを見る時の距離と目にかかる負担は大きく関係しており、近くのものを見続けると、水晶体を調節してピントを合わせる筋肉である毛様体筋が緊張します。
すると水晶体が厚く膨らみ、絶えずピントを絞り続ける状態になり目に負担をかけます。

 

 

逆に遠くを見るときは緩んで水晶体は薄くなります。
ですから、時々遠くを見るだけでもピント調節機能が回復します。

 

 

その為、疲れ目や近視であっても遠くを見ることで視力回復になると言われ、遠くを見ると目が安まるのはこのような理由からです。
最近の子供は、室内でのテレビゲームやパソコンなど近くのものを長時間に渡り見ることが多く、調節機能が原因で視力が低下している方にも遠くを見ることは大切です。

 

 

また、遠くを見るだけでではなく、外で体を動かして遊んだり、スポーツすることは、子供の視力の発達にはとても良いことです。
野球やサッカー、テニスなどののスポーツで、広い場所でボールを追いかけたりすることは目のトレーニングにもなります。

 

 

日頃から、毛様体筋を休ませるために、少しの時間でもいいので、遠くを見る習慣を生活の中にとりいれましょう。

 

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

トップアスリートも取り入れている最新の視力回復法!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる