近見視力とは

聞きなれない近見視力という言葉をご存じですか?
近見視力とは、文字からも分かるのですが、近くをみる視力です。また、これとは逆の遠見視力があり、これは遠くを見る視力のことです。

 

 

子供の場合では、学校での黒板を見て文字を認識するのが遠見視力になり、教科書やノート、パソコンの文字を判別して認識するのが近見視力になります。
また、良く誤解されているのは子供の視力で、遠くが見えれば近くも見えると思われがちだということです。

 

 

実際に、現在の学校の視力検査は、遠見視力検査しか行われておらず、視力に問題がないと学校での視力検査の結果だあったとしても、実は近くが見えにくいということもあるのです。

 

 

つまり、子供は学校での視力検査では、近見視力だけ悪い子供は見つかりにくいです。
学校での視力検査は、黒板の文字が教室のどこから見ても判別できる視力が必要ということから行われるようになった視力検査です。

 

 

最近は、小学校からパソコンが一人一台に導入されるなど時代とともに、必要とされる視力は変わってきています。
ですので、近見視力は今後絶対に必要な視力です。

 

 

子供は、成長するにしたがい視力も発達していきますが、近見視力が悪い子供は、近くがはっきり見えるという経験がない為、自分から近くが見えにくいと言いません。
一方、大人は、遠くが見えるから、近くも見えていると思いこんでいます。

 

 

ですが、早期に近くが見えにくいことを発見してあげないと、本人も親も気づかないまま大人になってしまいます。
近見視力は、斜視や疾患などの原因でなければ適切な視力管理やトレーニングなどで改善できます。

 

 

しかし、時期を逃すと弱視になる場合もありますので、子供のうちに適切な対処を親御さんがしてあげて下さい。

 

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる