近視とは?

近視は、早期に見つければ視力回復は比較的難しいことではないと聞きますね。
目は、毛様体筋がレンズである水晶体の厚さを調節し、スクリーンである網膜にピントを合わすことで見えるようになります。

 

 

そして、この水晶体の調節を使わないで遠くが見えるのは「正視」と言い、遠くは見えにくいが近くは見えるのが「近視」です。
本当の近視になる前の仮性近視の状態の時に適切な処置をすれば、視力の回復は難しいことではありません。

 

 

仮性近視と言うのは、長時間に渡り、近くのものを凝視することで毛様体筋が緊張し懲り固まることで、ピントの調節が上手く出来ずに見えにくくなり、一時的に近視と同じような状態になります。

 

 

当然、この緊張状態が長ければ回復には時間がかかります。
ですが、この仮性近視の状態の時に早期発見することで、生活改善や点眼薬などを使い緊張をほぐすことで視力が回復します。

 

 

つまり、早期に発見すれば視力回復は早いのです。
ですが、いったん視力を回復しても、また目に負担をかける生活を続ければ、再び視力が悪くなり、今度は本当の近視になりかねないので、目に負担がない生活を送ることが大切です。

 

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる