子供の視力低下と遺伝との関係

子供の視力低下は遺伝が関係しているのでしょうか?
目が悪く近視なのは、遺伝であると考えておられる親御さんも多いと思います。

 

 

近視は確かに遺伝の要因の一つですが、実は全体の5パーセント程度しか遺伝は関係しておらず、パソコンやテレビゲームなど間違った目の使い方が視力低下を招いているのです。

 

 

親が近視だからと言って、子供が視力が悪くなるとは限りません。
遺伝より、むしろ環境などの後天的要因が大きいのです。

 

 

もし、遺伝が原因なら、近視の子供は一定の数になりますが、年々視力低下の子供増えているのが現状です。
このことからもわかるように、近視が遺伝だけではないということが分かると思います。

 

 

そして、現代の子供は外で遊ぶより、室内でテレビゲームをしたりする子供が多いです。
こういったパソコンなどの画面を、近くで長時間に渡り凝視したりすることが目に悪影響を与えているのです。

 

 

ですが、視力が悪くなるのは生活環境が大きく関わっているからと言って、子供自身で生活環境を改善するのは難しいものです。
その為、近くにいる親御さんが子供の視力の状態を把握して、悪くならないように守ってあげなくてはいけません。

 

 

そして、子供が間違った目の使い方をしないように気をつけることで、たとえ親が近視で目が悪くても、子供の視力低下は防ぐことが出来るのです。

 

 

逆に言えば、親が近視でないことで安心して、子供が目に負担をかけている生活を続ければ、視力が悪くなります。
近視は、全ての子供に起こりうると言うことを覚えておいてください。

 

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる

 

 

関連ページ

近視とは?