軸性近視は治らないのか?

子供は小学校3年生くらいを境にして近視(軸性近視)の率が高くなると聞きますね。
これは、眼球の大きさがちょうどそのころに大人と同じくらいになるからと言われています。

 

 

通常、子供は遠視傾向にあり大人に比べ眼球が短いのですが、眼球が大きくなり成長することで眼球の長さが伸びます。
そして、軸性近視は、正常より眼球が長い為に、角膜から網膜までの距離が長いことで起こる近視です。

 

 

眼軸が伸びるほど後ろに網膜がずれ、網膜の手前でピントがあってしまうという近視の変化が成長期の子供に起こりやすくなり近視化するようです。(仮性近視から軸性近視になりやすい。)

 

 

特に、この時期には近視が知らない間に進んでしまうことがありますので、早期に発見し適切なケアをすれば、視力回復も比較的難しくはないようです。
ほんとうの近視(軸性近視)になる前に適切な処置をし、お子さんの視力を守ってあげるようにしてください。

 

 

なお、軸性近視は治らないと良く聞きますが、一概にはそうとは言えないようです。

 

 

このアイトレーニングの田中謹也さんの子供の視力低下が1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法 自宅トレーニングセットのには、事前の回復可能性無料診断も受けられるので、メールで一度問い合わせしてみると良いでしょう。

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる