子供の視力と勉強の関係

視力低下の原因として良く言われるのは、近くの物を凝視したり、細かい作業を長時間することで毛様体筋が緊張することで近視になると言われていますね。

 

 

ですが、視力と勉強のしすぎ(量)は関係ありません。
問題なのは、勉強をする環境と仕方です。

 

 

確かに、細かい字を書いたり読んだりすることは目に負担をかけますが、それは勉強の仕方に問題があります。
照明が暗かったり、近づけすぎて本を読んだり正しい姿勢で勉強をしていないことに原因があります。

 

 

そして、お子さんが目を悪くしないように気をつけるポイントとしては、

本と目の間隔は、身長にもよりますが30cm程度は離して、姿勢を正し背筋を伸ばす。
1時間勉強したら、10分休憩をとり目を休ませる。
横になったり、寝ながら本などを読まない。
照明は明るすぎても、暗すぎても良くはなく、ほどほどに。

 

など、目に負担がかからないようにすれば、視力低下も防ぐことができ、この先もメガネに頼らないで済みます。
また、近視など視力が低下することで、子供の勉強効率が落ちるのはもちろん、集中力や落ち着きがなくなったり、何をするにも飽きっぽい、根気が続かないなど成績が下がってしまう原因にもなります。

 

 

実際に、視力が0.6以下になると、黒板の文字が教室の後ろの席から見えにくくなります。
当然、文字などが見えにくくなれば、理解ができず勉強についていけなくなり学習意欲も落ちてくるものです。

 

 

更に、成績が下がることで親から責められることで、精神的にも落ち込み、勉強だけでは心にも悪影響がでないともかぎりません。
子供にとって視力は成長するうえでとても大切なものなので、ご両親がいっも気にかけてあげることが何より大切です。

 

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる