小学校の視力検査の方法について

お子さんの学校での視力検査の結果が気になりませんか?
引っかからないよう少しでも視力を上げたいという親御さんも多いと思います。

 

 

それとも、既に引っかかったが即メガネにはしたくないので、視力回復センターに通わせようか迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

ですが、小学校の視力検査は正直曖昧なところが有り、正確な視力検査は眼科で行った方が良いです。

 

 

実際に、小学校の視力検査と眼科では、結果が違うことがよくあります。
視力を正確に測るには、整った環境などの一定条件下での測定が必要になりますが、学校ではなかなかそこまでの条件が作れないと言うことがあります。

 

 

また、周りに友達がいることから集中することが出来なかったり、測定者が担任の先生だったりと専門家でない場合もあるかもしれません。
その為、学校での視力検査の結果は、あくまで参考程度にとどめておくようにすると良いでしょう。

 

 

そして、視力に問題があるなら、早期に眼科を受診し正しく視力検査をすることをお勧めします。
実際に学校の視力検査がB判定(視力0.7〜0.9)でも、実際はもっと悪く眼鏡の矯正が必要な場合もありますし、乱視などが発見できないことも学校では良くあります。
また、眼科では問題がない場合もあるかもしれません。

 

 

そして、視力判定の基準は、AからD判定まであり、一般的には370方式で行われます。

A判定(視力1.0以上)
 最後尾の席からでも黒板の字がハッキリ見える状態。

 

B判定(視力0.7〜0.9))
 中央の席から最後尾の席からでは、小さい文字は少し見にくいが、ほとんど見える状態。

 

C判定(視力0.3〜0.6))
 小さい文字は、中央の席からでも半分程度しか見えない状態。

 

D判定(視力0.2)
 最前列の席からでも、眼鏡がないと文字がハッキリ見えない。

 

視力検査の結果、近視と判断されても、早期に分かれば、視力トレーニングをすることで視力回復も出来るので、正しい視力検査をして現在の状態を正確に把握するようにしましょう。

 

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる