姿勢の悪さが視力低下に繋がる

日常生活を送るうえで、姿勢の悪さが体の歪みに繋がったり、肩こりや腰痛など様々な体の疾患に繋がると言われていますね。

 

 

実は、視力についても日常生活を送るうえで姿勢の悪さが視力低下に繋がります。
机に向かって勉強する時に歪んだ姿勢や猫背のままでは、見ている物との距離が近くなり、毛様体筋に負担をかけてしまい、子供の視力低下の原因になります。

 

 

その為、普段から姿勢や机に向かう場合は、姿勢を良くするために、椅子の高さを調節し、腰に負担が掛からない姿勢になるようにし、目と机の見ている物との距離が20cmから30cmは離して見るようにしましょう。

 

 

また、当然、寝転がって本やテレビを見るのは良くありません。
寝転がってみることで、照明の明るさが頭で遮られたり、近づきすぎて物を見ることで、毛様体筋にも負担がかかり疲労の原因になります。

 

 

それ以外にも、片方の目に負担がかかることにもなり、左右の視力の偏りの原因にもなりますので、目に良い姿勢を身に見につけるようにしましょう。

 

 

ただ、勉強、読書、テレビ、スマートフォンなど、多少姿勢を変えたとしても、その人の目と目的物との距離は、10cmとは変動しませんし、視線もそれほど動かさず、ほとんど一点をじっと見つめているか、視点移動する場合でも、かなりゆっくりしたペースでしか動きません。

 

 

本人の自覚としては疲労するのですが、目もまた手や足と同じく筋肉によって動かされている器官だと考えれば、ほとんど動かさず使っていないのに等しいと言えるのです。

 

 

使わなければ、手や足の筋肉が衰えたり、退化させる疲労と同様に、視点も視点距離も殆ど動かさない作業の連続で起きてくる眼精疲労は、目の筋肉を衰えさせ、それが子供の視力低下に繋がるのです。
その為、視力を回復させるには、疲労させない正しい目の使い方はもちろん、眼筋を鍛えるトレーニングが必要でしょう。

 

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

トップアスリートも取り入れている最新の視力回復法!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる