視力低下を招かないゲームとのつき合い方

近視などの子供の視力低下は、例えゲームをしなくても目が悪くなってしまう事実をご存知ですか?
現代の子供にとってゲームやテレビ、スマホ、パソコンなどの映像情報は切っても切り離せないもので、夢中になって1日に何時間も行っている子供も少なくありません。

 

 

また、近年はテレビやパソコンなどのゲームに加え、スマホなどの携帯で遊ぶ子供も増えていますね。
当然、小さな画面で熱中してゲームをすることは、テレビゲーム以上に目の疲労が大きいです。

 

 

その為、テレビゲームの遊ぶ場合の注意点は、30分程度続けてゲームをしたら、5分程度遠くのものを見たり、意識してまばたきをするようにすると良いでしょう。
ゲームは面白く作ってあり、ドキドキハラハラの連続で一時も目を離すことが出来ず、まばたきを忘れると角膜が酸素不足になり、涙の分泌量が低下し、目の表面に傷がつきやすくなった状態であるドライアイの原因にもなるからです。

 

 

何より、目の発達を阻害する大きな原因の一つは、子供の頃に距離が近いものを長時間見続けることで、室内での遊びはゲームなど、主に近くを見るものに限られてしまいますね。

 

 

更にゲームもテレビ同様に照明に注意し、明るい場所で行うようにしましょう。
暗い場所では、コントラストが弱くなり良く見えず目を近づけるので、目の筋肉である毛様体筋が緊張し、仮性近視の原因となります。

 

 

ただ、テレビゲームやスマホ、携帯ゲームは、視力には悪影響もありますが、一概に全面的に悪いとはいえません。
最近は幼児教育に役立つゲームなどもあり、きちんと遊ぶ時の注意を守れば、悪い面ばかりではありません。

 

 

今はゲームもテレビ同様に、子供にとってなくてはならない存在になっていますので、子供に全く遊ばさせないのではなく、週に1,2日程度はゲーム禁止日など家族間でルールを決めて、テレビ同様上手に付き合うようにすることが大切です。

 

 

このように、子供の視力は成長期の生活と密接な関係があるので、日常生活から目の使い方を注意する必要があります。
いずれにしても、毎日の何気ない生活習慣や環境が、近視の原因になっているのです。これを知らない限り、子供の視力はますます低下していってしまうでしょう。

 

 

わずか2か月で視力が着実に良くなり、低下しにくくすることが可能です!

子供の視力が低下する本当の原因を知らずして視力回復はありえない!

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法の詳細を見てみる